RSS
 

LINEアカウントを乗っ取られた!すぐにやったこと&その顛末

12 9月

原因は不明ですが、何者か(噂では中国か韓国の人)にLINEアカウントを乗っ取られました。いざ乗っ取られるとビックリしてアタフタしちゃいます。私の経験を交え、LINE乗っ取りに遭遇したときの対処方法をお伝えします。

それはある日突然に…

ある日の夜。疲れたし今日は早めに寝るかー、と布団に入った23時頃に電話が鳴ります。「誰だ?」と思っていると、facebookのメッセージやらSMSやらがバンバン飛んできます。何事??と内容を見てみると
LINEアカウント乗っ取られてるでー!
と友人達が教えてくれているようです。一気に眠気が覚めました。

自分では分からない

名称未設定-4

LINEアカウントを乗っ取られると、友人に対して「コンビニに行ってiTunesカード買ってきてくれ、金は後で渡す」とメッセージを投げまくります。犯人の目的はiTunesカードに書かれているコードのようです。自分に成りすましてログインしているため、LINE以外の方法で誰かに教えてもらうまで乗っ取られている事に気づきません。おそろしい。。。

最初に何をするか

その後も友人達から次々と「おまえLINEやられてるでー!」とメッセージが届きまくり。有り難いのだけどあちこちから矢継ぎ早に飛んでくると半泣きになります(^^;なんだか非常に申し訳ないことをしたような気分になり、一刻も早く適切な対処をしないと、と調べ始めました。冷静に取り組むのが大事。落ち着け、落ち着け。

パスワード変えられてる!

まず、LINEにログインしてみましたが、認証ではじかれて入れません。犯人はLINEにログインした後、パスワードを変更しているようです。万事窮す、か。

LINEサポートに連絡する

調べた結果、LINEの問題報告フォームに連絡するとよいようです。早速Webフォームから問い合わせました。が、結論から言うと緊急対応としては無意味でした。受付後の自動返信メールは届きましたが、実際にサポートの人から連絡があったのは数日後。旧アカウントで購入したスタンプの移行処理は特別対応してもらえましたが、過去アカウントの情報移行はできませんでした。

その後どうなったか

乗っ取り犯人は手当り次第にメッセージを送りまくった結果、誰からも相手されないので証拠隠滅のために?翌朝までに退会処理をしたようです。友人から「居なくなったぞ」と聞いたのでアカウント新規作成。同メールアドレス&同電話番号で作成できました。もちろん中身は空っぽ。LINEサポートに移行の依頼もしましたが「旧アカウントが退会処理して削除済みなので無理」と断られました。

売っていたスタンプはどうなる??

LINE Creators Marketで売っていたスタンプはどうなるのでしょう。認証情報はLINEと同じなので、LINE乗っ取られ後はログインできなくなっており、アカウント再取得後は新規作成画面に遷移します。Creators Market用のサポートに連絡し、新アカウントでログインできるよう移行作業をしてもらいました。本人確認確証を送付する必要があるなど少々面倒です。

スタンプは無事です!

販売中の「ヨガおっさん」は無事でした。
スクリーンショット 2014-09-12 21.38.37
審査中だった「広島じゃ犬」(ひろしまじゃけん)なる方言スタンプもその後無事リリースできました。
スクリーンショット 2014-09-12 21.39.57

まとめ

乗っ取られたらすることをまとめます。

  1. LINEにログインできるか試しましょう。可能ならすぐにパスワードを変更しましょう。
  2. LINEヘルプへの連絡は二の次。とりあえず関係する知人に乗っ取られた旨を連絡し詐欺被害を防ぎます。
  3. LINEヘルプにWebフォームで連絡し、この件は一旦忘れます。
  4. 再度アカウントを作りたい場合は翌日あたりに新規申請してみましょう。犯人が退会済なら作れます。
  5. スタンプを売っている人はそちらのヘルプにも連絡しましょう。

パスワードによる認証は限界があるね

結局どこから認証情報が漏れたのかは分かりませんが、あちこちで同じID/PWを使い回していたことを強く反省し、1Passwordを導入しました。サービス毎にランダムなパスワードに変更して周り、とても覚えられないので1Passwordのアプリ内で一括管理しています。パスワードを変更して回るのは面倒でしたが、一度やってしまえばとても清々しい気分になります。オススメです。

Error: Suspended
 
No Comments

Posted in 日記

 

Leave a Reply